カテゴリー: 大事な税金の正しい情報

死亡した人の確定申告って難題なのか

準確定申告が必要かどうか迷ったときは、早めにご相談ください!

準確定申告は、被相続人(死亡した人)の所得税についての精算を行うための手続きです。
被相続人が確定申告が必要ない人であれば、この手続きは必要ありません。
“死亡した人の確定申告って難題なのか”の詳細は »

相続における特別受益の持ち戻し

相続人に対する生前の贈与も前渡しとして勘定され、遺贈も同じように扱われます。

特別受益」とは、相続人に対する生前の贈与も相続分の前渡しとして勘定され、遺贈も同じように扱われます。この贈与分や遺贈分を「特別受益」といいます。
ただし特別受益となるのは以下のパターンです。
“相続における特別受益の持ち戻し”の詳細は »

戦後のしばらくは明治の決まりで相続の順位は決まった

相続人が配偶者のみの場合は、全財産を配偶者が相続しますが、他に相続人がいる場合はその人と同順位になります。

相続の順位は以下のように定められています。
(相続に関する胎児の権利能力)第886条
胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。
前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。
“戦後のしばらくは明治の決まりで相続の順位は決まった”の詳細は »

最近はほとんどできないのが相続税の物納です

相続税を物納できるのは相続または遺贈で取得した財産に限りますよ

相続税の物納

●物納・・・・・・相続税を現金で納税する代わりに
有価証券、土地などで納品する方法のことです。
“最近はほとんどできないのが相続税の物納です”の詳細は »

不動産と相続税をしれば角と飛車をとったようなもの

相続税の計算方法や税率、その他注意したいポイントについて

法定相続課税制度から取得財産課税制度への改正については、
現行の相続税課税の計算は、法定相続と異なる
遺産分割をしたとしても、法定相続を前提に、
相続人全員の税額をまず出して、そのあと各人の取得した
相続財産の価額比率によって税額を配分するものです。

改正案は、前段を飛ばし、各人の実際取得額で
相続税を計算しようというものです。
“不動産と相続税をしれば角と飛車をとったようなもの”の詳細は »