最近はほとんどできないのが相続税の物納です

相続税の物納

●物納・・・・・・相続税を現金で納税する代わりに
有価証券、土地などで納品する方法のことです。

摘要される環境としては・・・

●延納を選択しても金銭で納付することが
困難な場合、納税者の申請で納付困難な金額を限度とすること

●物納できるのは相続または遺贈で取得した財産に限る

●土地などの収納価額は相続税評価額となる

物納できるのは順序と財産が限られています。

1順位・・・・国債、地方債

2順位・・・・不動産、船舶

3順位・・・・社債、株式、証券投資信託、貸付信託の受益証券
(特別の法律で法人の発行する債券および出資証券を含む。
短期社債などは除く)

4順位・・・・動産

その物納をするにあたっての要件は以下のものをすべて
満たしていることが必要となります。

物納をするにあたっての条件

●延納を選択しても金銭で納付することが困難な理由
・・・・・かつ、その納付を困難とする金額を限度としていること

●物納しようとする財産が管理処分不敵かっく財産に該当しない

・・・・・その財産が物納劣後財産に該当する場合
他に充てるべき適当な財産がない

●申請財産は相続税の課税価格計算の基礎である
納付すべき相続財産のうち、順位に従ったもので
その所在は日本国内であること

●相続税の申告期限(物納申請期限)までに税務署長へ
物納申請書に物納手続き関係書類を添付して提出すること

物納できない財産は以下の通りです。

●物納された後に売却が不可能であったり、維持費がかかるもの

●管理が複雑なもの、管理処分不適格財産とみなされるもの

やむをえない事情がある場合のみ認められる財産

●物納劣後財産として区別される

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む