戦後のしばらくは明治の決まりで相続の順位は決まった

相続の順位は以下のように定められています。
(相続に関する胎児の権利能力)第886条
胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。
前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。

(子及びその代襲者等の相続権)第887条
被相続人の子は、相続人となる。
被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、
又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、
その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。
ただし、被相続人の直系卑属でない者は、
この限りでない。

前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、
又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、
その代襲相続権を失った場合について準用する。
に掲げる者は、第887条の規定により相続人となるべき者がない場合には、次に掲げる順序の順位に従って相続人となる。
1.被相続人の直系尊属。ただし、親等の異なる者の間では、
その近い者を先にする。
2.被相続人の兄弟姉妹
第887条第2項の規定は、前項第2号の場合について準用する。
配偶者の相続権)第890条 被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、第887条又は前条の規定により相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする。

配偶者は常に相続人
・・・・ 相続人が配偶者のみの場合は、
全財産を配偶者が相続しますが、他に相続人がいる場合はその人と同順位になります。
被相続人の配偶者は、上記の者と同順位で常に相続人となり、
同順位同士との相続となるのであって、遺言による指定がない限り他順位間とで相続することはないとされています。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む