相続における特別受益の持ち戻し

特別受益」とは、相続人に対する生前の贈与も相続分の前渡しとして勘定され、遺贈も同じように扱われます。この贈与分や遺贈分を「特別受益」といいます。
ただし特別受益となるのは以下のパターンです。

①婚姻のため
②養子縁組のため
③生計の資本として
のいづれかにあたる贈与に限られます。

特別受益財産と実際に、今現在残っている財産を加えたものが、相続財産となります。
これを特別受益の持ち戻しといいます。
特別受益に持ち戻しは相続分に応じて分かれます。
遺贈や贈与を受けても別に得するわけでなく、
相続人の平等がきちんと図られています。
分ける際の計算では遺贈や贈与の分は前渡し分として差し引くことになっています。

「特別受益の持ち戻しの免除」
被相続人が特別受益として差し引かない旨を定めていればそれに従います。これを「特別受益の持ち戻しの免除」と呼びます。
亡くなった人(被相続人)の通帳が見当たらない、
特定の相続人などが財産を抱え込んでしまっている場合、
勝手にお金が引き出されたり、遺産分割に支障がでてきます。

この場合、戸籍謄本で相続人であることの証明と本人確認書類を持参すれば、相続人なら口座の有無、残高証明書の発行等に応じてもらえます。

また委任状があれば行政書士などが代理で請求することもできます。
不動産の場合は固定資産税の納税通知書から所有状況がわかります。
役所の税務課で被相続人名義の名寄せ帳を取得することで、
その役所管轄内で被相続人が所有していた不動産がすべて把握できるようになっています。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む