相続の場合抵当権付きの土地建物の一般承継

相続した不動産が抵当権設定されたものであった場合は
どのようにするのでしょうか。

まず抵当権設定としての背景は以下にあたるものとされます。

1:被相続人が借金をしたために担保としての抵当権を
設定された

・・・・この場合相続人は借金を引き継ぐので債務者としての
支払い義務が生じます。

ただし住宅ローンの場合は普通の金融機関からであれば
保証会社がローンを立て替えて支払いをするので
債務ではなくなります。

2:他人の借金で抵当権を設定した場合

この場合は相続人は保証人である立場を引き継ぐことに
なりますので借金の支払い義務はありません。

注意したいのが債務者が債務を支払わない場合には物件は
担保として競売にかけられることになります。

相続財産ではないとみなされる不動産関連の財産もあります。

これは『公営住宅の借家権』や一定範囲の墓地の敷地などです。

このほかの土地や建物、借地権はすべて財産とみなされるので
相続財産に含まれます。

以下は節税のためのポイントチェックです。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む