相続で引き継ぐものは結構多いのです

相続によって相続人に帰属することとなるのは土地や
預貯金といった財産(プラス財産)だけではなく、被相続人が生前負っていた債務など(マイナス財産)も承継することになります。

被相続人が多額の借金を負っており、財産が何もないといった
ような場合、相続はしたくないはずです。

法は、相続人が自分の意思によって相続するか
(承認)否か(放棄)を決めることができるとしています。

相続の承認・放棄は、詐欺・脅迫によってした場合などを除き、
原則として取消すことはできません。

相続の承認・放棄は、相続が開始したことを知ったときから3ヶ月の期間内にしなければなりません。

単純承認の場合・・・・

単にその旨の意思表示をすること
『 単純承認 』とは、被相続人の財産の他、権利関係すべてをそのまま承継します。 前述した通り、単にその旨の意思表示を
すればよいだけです。 なお、積極的に単純承認をしない
場合でも、次のような場合には単純承認をしたものとみなされます

* 単純承認とみなされる=法定単純承認

1相続財産の全部または一部を処分したとき。
2前述した3ヶ月の考慮期間内に限定承認または
放棄をしなかったとき。
3限定承認・放棄をした後でも、相続財産の全部または一部を隠したり、消費したり、またはその財産があることを知りながら財産目録に記載しなかったとき。

その相続人が放棄をしたことによって次順位で相続人となった者が相続の承認をした場合には、その次順位の相続人の利益を保護するため、単純承認したとはみなされません(民法921条)。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む