タグ: 土地

相続で引き継ぐものは結構多いのです

相続人に帰属することとなるのは土地や預貯金といった財産(プラス財産)だけではなく、被相続人が生前負っていた債務などもです。 

相続によって相続人に帰属することとなるのは土地や
預貯金といった財産(プラス財産)だけではなく、被相続人が生前負っていた債務など(マイナス財産)も承継することになります。

被相続人が多額の借金を負っており、財産が何もないといった
ような場合、相続はしたくないはずです。

法は、相続人が自分の意思によって相続するか
(承認)否か(放棄)を決めることができるとしています。
“相続で引き継ぐものは結構多いのです”の詳細は »